医療現場 患者様とそのご家族をはじめ、医療機関の方々と連携をとり
安全で快適な在宅療養のお手伝いを致します。

医療技術の発展、医療機器の高性能化により、昨今では様々な疾患に対する在宅療養の適用が可能になってまいりました。日本においては高齢化社会が進むとともに、より安全で快適な在宅療養の質が求めらて来ています。

新生では在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法、睡眠時無呼吸症候群をはじめとする在宅医療機器の供給とサポートサービスを提供しています。患者様とそのご家族をはじめ、医療機関の方々と連携をとり、安全で快適な在宅療養のお手伝いを致します。

在宅酸素療法

家庭や屋外で酸素を吸入する事により、趣味や社会生活の持続、旅行の実現など、日々の生活を大幅に改善・向上させます。

慢性呼吸不全や肺高血圧症、慢性心不全の患者様が、家庭で酸素吸入を行う療法です。

日常生活と療養を両立させることができ、生存期間の延長、運動能力の改善や入院回数の減少など、医学的効果が確認されており、現在最も普及している在宅医療の一つです。

HOT・酸素濃縮器

在宅人工呼吸療法

着脱が容易なマスクを使う、患者さんにやさしい人工呼吸療法です。

二酸化炭素が慢性的に蓄積するII型呼吸不全の患者様の換気を補助します。血液ガスの改善、高炭酸ガス血症に伴う症状や睡眠の改善、入院回数の減少が医学的効果として確認され、気管切開を伴う従来の方法より患者さんにやさしい人工呼吸療法として、在宅での実施も増えています。

また、新生では気管切開を伴う患者様の在宅人工呼吸療法にも対応いたします。

主な製品

睡眠時無呼吸症候群

SAS(睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome)の患者さんに、マスクを介して気道内に陽圧をかけてることで、気道の閉塞を防ぎ無呼吸を取り除きます。

中等~重度の閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)に対する治療として、睡眠中の無呼吸や低呼吸を消失させることで、いびき・日中の眠気・血液ガスの改善、高血圧など合併症の改善など、その医学効果が確認されています。

CPAP・睡眠検査機器

在宅輸液療法

小型・軽量の輸液注入ポンプで栄養剤を投与し、患者さんの家庭生活を可能にします。

先天性の消化器官の障害や術後の栄養補給・ターミナルケアの患者様の栄養管理を目的とした療法です。栄養剤を静脈より供給するHPN(在宅中心静脈栄養法:Home Parenteral Nutrition)と胃腸に直接供給するHEN(在宅成分栄養栄養経管栄養法:Home Enteral Nutrition)があります。医療供給体制の再構築・在宅医療の推進が進められるなか、今後のニーズが増大すると注目を集めています。

HIT

自己調節鎮痛法

持続投与にPCA機能を追加したポンプで鎮痛薬を投与、患者様の“痛み”を緩和し、QOLの向上と在宅療養を可能にします。

■PCAの特徴
アラーム機能(文字とアラームでお知らせ)、セーフティ機能(専用キーによるカセット等のロック機能)、プログラミング(投与速度、量、間隔などを自由に設定)、投与ルート(皮下、静脈、硬膜外腔、くも膜下腔への薬液注入可能)、電源(単三アルカリ電池2本で駆動)

PCA

超音波骨治療

新生は、超音波骨折治療器に必要とされる医療現場のニーズに応えた『アクセラス』を導入し、患者様の操作性をも考慮した2モード仕様で、LIPUSによる骨治療の効率化をはかります。

超音波骨折治療器 アクセラス2

2プロープにより、2箇所の部位の同時照射や2方向からの照射のほか、広範囲の骨折にも1回で照射できるなど目的や用途に応じて使用でき、治療(照射)時間の短縮にもなります。もちろん、1つのプロープでの使用も可能です。